不動産選びで重要な情報|ライフイズワンダフルハウス

不動産会社

チェックを入れていく

一戸建て不動産物件は自由

分譲マンション不動産物件は分譲住宅で自分の資産になるものです。 自分の自由にリフォームなどをすることが可能ですが、リフォームなどをすることができるというのは室内のみです。 本当に自由にすべて自分の思い通りにすることができるというのは一戸建て不動産物件です。 一戸建て不動産物件の場合は、自分の持ち物であり、土地の敷地内であれば自由にすることができます。 もちろん室内のリフォームなどのほかに室外の外壁や庭などさまざまなものに手を加えることが可能になっています。 そして一戸建て不動産物件ならではのことでは、建物を建て替えをすることが可能なところです。 新しく建て替えて二世帯住宅に変えたり、新たな建物にすることができます。

マンションの場合は自由にできるのは室内だけ

新しく建て替えるということは、新しい建物ですのでまた長い間住むことができるようになるということです。 そう考えると分譲マンション不動産物件の場合は自由にできると言っても室内だけなのであまり自由ではない場合も多いです。 共用部分などは住民みんなの持ち物になります。 だから修繕をするとなると、住民の同意が必要になってきてしまいます。 同意をしてもらわれなかったら、ずっとそのままの状態で使い続けることになります。 そして建物は建て替えることは住民が多すぎて無理になります。 修繕という形になりますが、一戸建て不動産物件は木造住宅ですが、分譲マンション不動産物件の場合は鉄筋コンクリートなので丈夫ですから、そんなに修復は頻繁にしなくても済みます。