不動産選びで重要な情報|ライフイズワンダフルハウス

住宅の仲介

引っ越しをする

媒介契約には3種類があります

あなたがお持ちの不動産を売却する場合には、地元の不動産業者(仲介業者)等に、買主探しを依頼することになります。この際に、売主であるあなたと不動産業者との間で取り交わす契約のことを「媒介契約」といいます。媒介契約は、簡単にいうと「買主を探してくださいね」という契約のことです。 この媒介契約には3種類があります。(1)専属専任媒介契約、(2)専任媒介契約、(3)一般媒介契約がこれに該当します。 専任媒介契約とは、売主であるあなたが他の仲介業者等に重ねて買主探しを依頼することができないという契約です。専属専任媒介契約とは、さらにあなた自身で買主探しをしてはならないという契約になります。仲介業者にとっては、非常に有利ということがいえます。

専任媒介契約または専属専任媒介契約の締結が必要です

一般媒介契約は、専任媒介契約や専属専任媒介契約とは異なり、他の仲介業者に対しても買主探しをお願いしていいという契約になります。 仲介業者の目的は仲介手数料を稼ぐことですから、いずれの媒介契約の形態をとっても仲介手数料無料を認めることは原則としてありません。しかし、手数料を受け取ることができるのは売買契約が成立したときのみですから、例外的に売主側の仲介手数料無料を認めることがあるのです。 もう、おわかりですね。専任媒介または専属専任媒介契約を結ぶことを条件に、売主側仲介手数料無料を認める可能性があるのです。仲介業者にとっては、売買契約が成立しなければ意味がないため、売主側仲介手数料無料を認めてでも、売買契約の成立を優先させたいという事情があるからです。